軽い運動

寝る前にストレッチをすることで、眠りの質がまったく異なります。これは、軽い運動をすることで、体温変動にはずみがつくことと血行が促進されるからです。運動というきついイメージがあるかもしれませんが、体を動かす程度に考えてもらえるとよいでしょう。また、はじめはどうしてもめんどくさい感じがしますが、3週間意識をしていけば自然と習慣化されていきますし、実際の睡眠の質が高まることがわかるのでやめられなくなるでしょう。


お風呂

就寝前にお風呂に入り、体を温め体の深部体温が下がっていくことで、寝つきは良くなります。人は体温が高い状態から急激に下がると眠くなります。よく温泉やサウナに行って、冷えてきたころに自然と寝付けるのはそのためのです。あのときの睡眠の心地良さと言ったら、他にありませんよね。また、お風呂に入るときに、目と首を温めることを意識するとなおよく眠れます。
なお、注意点として、よく知られてはいますが、就寝前の大量飲酒は、睡眠の観点からよくありません。少量の飲酒は体を温めるため良い睡眠を導きます。また、温かい牛乳類を飲むと睡眠の質はよくなります。いずれも体の体温をあげることが共通点です。