姿勢

自然に立ったときの姿勢が人間にとってももっともよい。そんな発想、理論をもとに、それを寝ているとき再現するためにはどうしたらよいかというところから作られているのが、マニフレックスのマットレスです。そのためには、マットレスの弾力性を追求する必要がありました。また、人間が寝たときにどういう風に圧力がかかっているか研究し、その研究をもとに素材が選ばれています。キーワードは、やわらかすぎず、かたすぎないです。


高反発とか低反発って何?

一般的には、低反発もの素材は、夏はやわかく冬はかたくなります。高反発の素材は、適度に弾力性があり、また温度変化にも順応します。だから、多くの枕などで、高反発をうたった製品が多いのです。それで、マニフレックスの製品も高反発なのですが、素材にこだわりがあります。とっても通気性が高い素材であり、マニフレックス社が考える理想の寝る姿勢を維持するのにふさわしい素材なのです。だから、マニフレックスのマットレスでなければマニフレックスの考える理想の寝る姿勢を再現することはできないのです。